男性健康に危なげな性感染症

性感染症と言うものは、様々なパートナーと性行為をする後屡々現れる性能障害です。特に、男性の性感染症は遅い現行の形態で起こって、症状を伴わないこともあります。血流に内向きに浸透し、内臓器官の炎症を引き起こし、すぐに性感染症は人体全体に影響を及ぼしてしまいます。

男性が性的接触をする時には、男はいくつかの病気に罹患する可能性です。

なお、WHOによると、地球上の20代のすべての人に、赤ちゃんから老人まで、すべてが数えられる性感染症があります。

積極的な性生活をリードしている若者達の割合が高いです。

有り勝ち性感染症

さて、男性の有り勝ち性感染症はどうですか?

数十種類の性感染症がありますが、最も一般的なものは次です:

  1. 梅毒(病原体 – トレポネーマ・パリダム)
  2. クラミジア(原因物質 – クラミジア・トラコマチス)
  3. 淋病または淋病(原因物質 – ナイセリア・ゴノレア)
  4. 性器ヘルペス(原因物質 – 単純ヘルペスウイルス1/2型)
  5. トリコモナス症(病原体 – Trichomonas vaginalis)
  6. ヒトパピローマウイルス(原因物質 – HPV(HPV))
  7. ガードレールレーズ(原因物質 – ガードネレラ・バギナリス)
  8. マイコプラズマ症(病原体 – マイコプラズマ・ジェニタリウム/ホミニス)
  9. サイトメガロウイルス(原因物質 – サイトメガロウイルス)など

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です