勃起不全は遺伝基質的な障害のか?

勃起不全(また「ED」)と言う症状は、どの男性にとっても直ちに顕著ものであり、ほとんどの場合、勃起不全は過労、体性疾患、心理的問題によるものです。また、薬物治療を受けやすい男性性能障害です。

まず、勃起不全は完全な性交の欠如を引き起こしてその堅さと量を失うこと症状と言う意味性能障害です。最近、勃起の定期的な問題は勃起不全には当てはまらないことを理解することが重要な問題になるでしょう?

若くて健康な男性さえも、性的なインポテンスのエピソード的な症例が生じることになるかも知りません。

勃起不全の分類

勃起不全の分類専門家は呼びます:。

 

  • 有機(身体機能の生理学的障害)

 

  • 心理的(神経学的要因)*統計データによると、症例の約80%が第1のタイプであり、残りは第2のタイプであります。

 

 

影響を受ける要因

性器の病気によって誘発されるインポテンスの主な形態は次の要因の影響を受けて発生します:

 

  • 男性の生殖器系の精巣の分泌機能に関連する偏差

 

  • 精管結石と前立腺の病気の緊急性
  • 機械的な原因

 

 

残念に、勃起不全と言う性能障害は遺伝基質に関係するかどうか専門家まだ探索しなかったところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です